展示会で伝えよう

日本では東京・大阪・名古屋の三大都市で1年間に様々な業種の展示会が開催されており、最新技術を駆使した新製品が世の中に流通するきかっけを与えています。
この会場では各企業に展示会ブースが割り当てられますが、他のブースよりも目立つように工夫しないと来場者の注目を集めることが出来ません。
そのアピール方法として、ディスプレイをフル活用することが望ましいです。
そこでどんなデザインで演出を加えれば良いのか紹介します。

展示会ブースのディスプレイ方法

展示会ブースのディスプレイ方法 展示会ブースのデザイン ではディスプレイを用いて紹介したい製品の特長、用途・既存製品との違いを紹介します。
このディスプレイは展示会ブースの外に設置されることが多く、その企業の「顔」としての役割も担っています。
そこで重要になるのが映像のデザインと演出です。
単に製品紹介だけを流すのではなく、最新VFX技術を用いた迫力ある映像やアニメーションなど趣向を凝らすことで、遠目でも多くの人々から注目されることでしょう。
展示会ブース内をディスプレイ内の映像と一体化したデザインにするのも、視覚効果を上げるにはいい方法です。
遊び心をくすぐるような演出は好奇心を掻き立てて強い興味を抱かせるものです。
ビジネスの世界でも遊び心というものは強い力を発揮します。

展示会ブースで上質感を演出するデザインとは

展示会ブースで上質感を演出するデザインとは 自社の新商品や新サービスを拡販していくために、展示会への出展は有効な手法です。
しかし出展するとなればそれなりの費用がかかりますし、説明員など当日対応するために人員手配も必要となります。
だからこそ、費用対効果を最大に出来るような工夫が必要です。
展示会ブースをデザインする時には、何を見せたいかやどのような雰囲気にしたいかを明確にしておくべきです。
特に少し高級なブランドの紹介をする場合には、上質感をうまく演出しないとチープな印象になってしまいますので注意してください。
展示会の会場自体は倉庫のような場所になりますので、展示会ブース内の照明や壁面などでどこまで装飾を施せるかがポイントになるでしょう。
例えば展示会ブース内の壁面は、白壁ではなくそこに上質な壁紙を貼ったり木目にしたりする事で印象はだいぶ良くなります。
照明については暖色系のスポットライトなどをうまく使い、白色光の会場内で少し色温度の違いを出すとぐっと雰囲気が出ます。
そしてゆとりを持ったブース内の配置にすることも大事になります。
ブース内に色々な要素を盛り込んでしまうとごちゃごちゃしやすいので、余白が多いくらいの印象の方がすっきりと見え上質感を演出できます。

展示会ブースを備える際には短時間で設営出来ることが欠かせない

展示会ブースを設営する際には、短時間で設営することが欠かせません。大規模会場で開催されるイベントでは、数多くのブースが出展してくることも珍しくないでしょう。
展示会ブースを立ち上げることに、多くの時間を要してしまうことは、来場者を他のブースに取られてしまうことに繋がるのです。
展示会ブースを設営する事業者では、無料で受けられる事前カウンセリングを開催しています。自社がイベントに求める効果を、どのような感じのブースを設営すれば実現できるのかを、前もって相談することが出来るのです。
多くのブースを設置して来た事業者であれば、短時間でブースを会場に設置することは難しくありません。展示会ブースの設営を依頼する際には、過去の事例を参考にしながら、適切な事業者を選んでいくことを心がけましょう。
立ち上げ当初の企業にとっては、イベントでの成功は大きな売り上げを齎すことに繋がります。利用者の口コミを参考にしながら、適切な事業者を選んでいくことが大切です。

展示会ブースで好印象を与えるためのデザインの工夫

展示会ブースにやってくる顧客に対して好印象を与えるためには、目的がわかりやすいデザイン性に注目をする必要があります。
実際に、専門の業者によるマーケティングを行うために必要なデザインを考えてくれるところも存在します。仮に、自社で準備することができない場合にはこういったサービスを利用するのも一つの手段です。
展示会ブースというのは、様々な人がやってくることを想定して準備する必要がありますので、コンセプトをきちんと考えなくてはいけません。どういったものを展示しているのか、あるいはターゲット層を限定しているのかなどを考えていくことによって、より最適なマーケティングを進めておくができるようになります。
この時に重要なのが、それぞれのターゲットに対して設定されたデザインです。デザイン性に優れたものであるならば、視覚的にも相手を楽しませることができるようになりますので、より多くの人を集められる可能性が高くなります。

展示会ブースの宣伝を効率的に行うためのサービス

展示会ブースの宣伝を行いたい場合には、専門の業者に相談するのが一番です。これは、専用の企画を提案したりスタッフをきちんと派遣してくれるからに他なりません。
例えば、これから展示会を開きたいと考えている場合にはそこにより多くのユーザーを集められるようにしなくてはいけません。
ここで重要になるのが、専用のホームページを作ったりマーケティングとして広告を作って必要があるという点です。
確かに、実績や経験が存在する会社ではこういったことに慣れていますが、初めて展示会ブースを設立しようと考えている場合はこういった作業を1から考える必要があります。実際に、展示会を運営していく場合には現場で働くスタッフも必要になりますので、これらを全て用意してくれる専門業者は非常にありがたい存在です。
企画から考えてもらうこともできますので、自分たちでは提案することができなかった難しい内容であったとしても、専門の業者に相談をしておけば問題なくこなしてくれます。

展示会ブースはスペースの有効活用が決めて

展示会ブースを作成するなら、スペースを有効活用するのが効果的です。与えられた場所は限りがあるケースが多いですし、予算が限られている場合にはあまり大きな場所が用意されないことが多いです。
そうした時に来場者にインパクトを与える展示をするためには、専門業者に依頼をしたり相談をするのも一つの方法です。
展示会ブースは来場者にアピールすることができるチャンスですので、少し出費はありますが展示会の経験や実績がある業者を利用するのがお勧めです。専門業者では、スペースを有効活用する技術に特化していますしそれだけでなく印象に残るような演出が上手です。
展示会ブースを設営する必要がある場合、自社で行うよりも圧倒的に専門業者に依頼をするメリットは大きくなります。売り上げアップにつながる大きなチャンスとなりますので、多少のコストはかかっても費用をかける価値は十分にあるのも魅力です。展示会ブースの予定がある方に、お勧めの方法です。

展示会ブースを設置する際には無料で事前相談することが可能

展示会ブースを設置する際には、無料で事前相談を受けることが可能となっています。ブランドイメージの向上を行ったり、新商品のキャンペーンを実施したりする際には、展示会への出展を検討するケースが少なくないでしょう。
大規模会場で行われるイベントでは、競合他社との差別化を実施することが欠かせません。人目を惹く装飾を施したり、照明設備に拘ったりといった風に、工夫を凝らした形の展示会ブースを設営することが大切です。
展示会ブースを設営する事業者の中には、公式サイト上に過去の制作事例を掲載するところも見られます。幾つかの事例を見比べながら、気に入ったタイプを見つけた場合には、気軽に相談に伺うのも良いでしょう。
展示会ブースを設営する際には、集客方法を工夫したり、来場者に渡すためのグッズを制作したりすることも求められます。
自社が展示会に求める効果を元に、どのような施策を施していくべきかについてを、無料相談会の席で訪ねてみることが大切です。

新着情報

◎2023/03/16

情報を更新しました。
>展示会ブースを備える際には短時間で設営出来ることが欠かせない
>展示会ブースで好印象を与えるためのデザインの工夫
>展示会ブースの宣伝を効率的に行うためのサービス
>展示会ブースはスペースの有効活用が決めて
>展示会ブースを設置する際には無料で事前相談することが可能

◎2020/5/19

スムーズな接客をする方法
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

ブースのベストな配置を考える
の情報を更新しました。

◎2020/1/29

設営は業者に依頼するのがベスト
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

展示会ブースの看板サイズ
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

会社名のアピール
の情報を更新しました。

◎2019/6/30

サイト公開しました

「展示 ディスプレイ」
に関連するツイート
Twitter

コレクションケース 大型 ガラス ディスプレイ ケース クリア おしゃれ フィギュア ショーケース コレクションラック 展示 収納 TMG-G53-1

この手のを見てると受信料として課金するのもやぶさかでないかなと思ったりするんですが、 東京でしか展示無いんですかね… 型落ちでも地方巡業してくれないかな~ NHKの伸縮ディスプレイがフルカラーに進化。「技研公開2024」 - AV Watch

④原画、一作家一作品じゃなくて複数作品飾ってくださってる ⑤過去付録の展示ディスプレイがとてもすてき ⑥そもそもコンセプトがよい。パーティーということだったのでおしゃれしてきました ⑦入り口のところの等身大パネルが等身大すぎて。ヨナとハクのサイズ感がね、こんな感じなんだなって感動

NHK技研、液体金属を使った伸縮フルカラーディスプレイ開発。技研公開で展示(AV Watch)

大雨警報が出てる地域もあるようですね。 天気にな〜れ! 【楽天1位】 自転車スタンド 2個セット サイクルスタンド 倒れない 安定 5段階 高さ調節可能 滑り止め ディスプレイ メンテナンス 転倒防止 盗難防止展示 サイクリング 電動自転車 ロードバイク ママチャリ 駐輪