展示会で伝えよう

展示会ブースで商品に興味を持ってもらうには

展示会ブースで商品に興味を持ってもらうには 展示会は数日間の開催期間の間に多額の出展費用をかけて行う一大イベントですが、既存の取引先ではなく新規顧客の開拓や、一般消費者向け開催があればエンドユーザーとも直接触れ合える貴重な機会です。
そこではブランドの知名度を上げることも目的ですが、実際に商品やサービスを体験してもらうことでより身近に感じてもらうことができます。
来場者の関心を引き付けるには、展示だけでなく体験やサンプルの配布が効果的ですが、展示会ブースの入り口で人だかりができてしまうと広さを有効活用することができません。
外から見える入り口付近に人だかりが集中しないように間口を広く開けて、そこまで来てくれた人には展示会ブースの内側まで引き入れるような導線を作ることが有効です。
また、展示会は同業者みんなにとってのイベントですから、取引先や同業他社とも顔を合わせる機会が少なくありません。
失礼にならないように挨拶をすることも大切ですが、新規の見込み顧客を逃がさないように特定の人と長時間話し込まないようにすると効果的です。

展示会ブースで企業や製品が魅力的にする効果

展示会ブースで企業や製品が魅力的にする効果 展示会ブースを行うのは一時的な面もありますが、見せ方次第で来場者に魅力的にして存在感のあるものに仕上げる事ができます。
よって行う事だけでなく、ブースへの集客率を上げる事を考えた作りに重要性があります。
集客率を上げる方法として、目立たせる事が挙げられます。
この方法は基本的な方法と言える事ですが、インパクトだけでは来場者が増える訳ではありません。
来場者の目線になり、彼らが求めているのは何であるかを踏まえて目立たせる事が展示会ブースを行う効果的なやり方の一つです。
そして使われている照明や壁や柱などでも、ブランドや企業イメージににあった作りにする事で来場者にアピールする事になります。
ポイントとしてイメージの表現が適したものになっているのが肝で、今まで展開してきた企業やブランドのイメージがそのまま来場者にとって目印となります。
具体的には目的のブースを探したい場合に、イメージのデザインは無いかを探す場合有効である点です。

新着情報

◎2023/03/16

情報を更新しました。
>展示会ブースを備える際には短時間で設営出来ることが欠かせない
>展示会ブースで好印象を与えるためのデザインの工夫
>展示会ブースの宣伝を効率的に行うためのサービス
>展示会ブースはスペースの有効活用が決めて
>展示会ブースを設置する際には無料で事前相談することが可能

◎2020/5/19

スムーズな接客をする方法
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

ブースのベストな配置を考える
の情報を更新しました。

◎2020/1/29

設営は業者に依頼するのがベスト
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

展示会ブースの看板サイズ
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

会社名のアピール
の情報を更新しました。

◎2019/6/30

サイト公開しました

「展示 興味」
に関連するツイート
Twitter

返信先:芝崎先生に呟きが届いて嬉しいです😇「その本良いですよね!?!?!?」と話しかけたかったですが完璧に不審者なのでテレパシーを送るにとどめました😏←余計怪しいwそして私が中南米に興味を持ったのは母の影響なのです😌(最初は母のお供で関連展示とか見に行ってました)

確か住宅街に勢いよく飛び出した躯体への違和感を理由に、建築学会賞を逃したのではなかったでしょうか。展示作品にまったく興味がないので一度も行っていませんが。

返信先: 自分的にはここ数年でベストな展示ではありました 興味のある分野の展示が多かったのもありますが…

🍀

友人6人ぐらいと博物館の特別展に行って各自自由行動をしたときに、1人が最初のほうの展示をすべてすっ飛ばして、メインの展示物と自身の興味のある展示だけを30分ぐらい集中して楽しんで、そのまま退場したのを見て「博物館ってもっと自由に見ていいんだ」って感銘を受けたことがある

潔い具合に何も無い会場 今時、パビリオンとか興味無い オワコン万博